就労継続B型支援事業

就労継続支援B型事業

目標

自立した生活を営むことができるよう、それぞれの作業種をとおして4つのスキルを身につけ就労を目指す。


 内容


4つのスキル訓練を通して、就労するための必要な力を培い

一般就労・職場定着を目指す。

1.日常スキル 身だしなみ、規則正しい生活(時間・睡眠・食事等)

2.社会スキル 社会的ルールの遵守、マナーの習得、体力向上、感情のコントロール等

3.社会参加スキル 作業意欲、正確性、持続性、安全への配慮、指示理解、報告等

4.コミュニケーションスキル 読み書き、言葉遣い、意思表示、協調性等

 

日課表

* 個別支援会議日(月1回)・祝日登園日は13時登園

支援内容

支援内容
作業①ハウスクリーニング ②仕出し弁当容器洗浄 ③ウエス ④シュレッダー ⑤カーテンのクリーニング
15分間走・歩行体力及び健康維持・向上のための持久走・歩行訓練(15分間)を各自に応じて実施。(希望者のみ、就労移行のマラソンに参加)
清掃活動指導室、会議室、調理室、廊下・階段、トイレの清掃(月・水・金の午後1時~1時30分)
ホビータイム就労移行支援と合同で行う。生花、スポーツ、絵画①(デッサン)、絵画②(水彩画)を行う。(全8回・木曜日午後)
ホームルーム登園・下園時の安全とマナー、当面の日課確認等。
アクティブタイム社会スキルとコミュニケーションの向上にむけて活動を行う。(学習、調理、食事のマナー、余暇活動、レクリエーション等)

作業種    チラシはこちら

①ハウスクリーニング

公民館、インフォメーションセンター、自治会館、アパート、一般家庭等の清掃作業を行う。

②仕出し弁当容器洗浄

仕出し弁当容器を洗浄し乾燥させる。

③ウエス(おしぼり)

クリーニング後のウエス干し、50枚一組にまとめる。

④シュレッダー

企業等から受託した書類を、シュレッダーにて処分する。

⑤カーテンクリーニング

学校等から受託したカーテンをクリーニングする。

作業工賃について

原則として、毎月10日を支給日とする。
工賃は、作業週ごとに携わった時間数に応じて支給する。

 

 

 

<実際の活動の様子>


他の情報を見る