障害者の就労について

実際 障害者の就労はどのようになっているのか

1 企業からの募集形態

① ハローワークに求人募集の依頼

② ハローワークと障害者就労支援センターに求人募集の依頼

③ 障害者就労支援センターに求人募集の依頼

④ 企業から直接、うらわ学園に求人募集の依頼

⑤ うらわ学園から企業へ、直接就労依頼

 

※①からは、直接うらわ学園に募集情報は入ってきません。

②・③・④については、FAXや電話で求人募集案内が届きます。
案内に基づいて、うらわ学園から利用者へ知らせ、応募する利用者を決定します。

 

2 求人募集の内容

  • 募集人数
  • 職務内容(仕事内容)
  • 工賃
  • 勤務形態(おおよそ)
  • 採用方法(面接、実習を通して採用していくのが一般)

※面接(面接日の指定)→ 実習 → 採用となります。

 

3 面接・実習について

※障害者の採用は、通常、面接のみでの採用はありません。職場実習を実施してからの採用が一般的です。

  • 面接(指定された日に面接を行い、合格すれば次の実習に入る)
  • 実習の期間:1週間~1カ月(企業によって実習期間を複数回実施する場合もある)
  • 面接時及び面接後に、うらわ学園から「履歴書」「実習依頼書」「所見」を企業に提出します。

4 採用について

実習後又は実習最終日(実習報告会)に、企業から正式採用の合否について本人とうらわ学園伝えられます。

 

5 トライアル雇用(短期の試行運用・給料が支給)

  • トライアル雇用「本人が企業に勤務することができるか、企業にとって、その人の採用に問題点がないか。」を見ることができる実習期間に位置づけられています
  • 3カ月間を限度(ハローワークの職業紹介により、事業主と対象障害者との間で有期雇用契約を締結)
  • 奨励金:事業主に対し、トライアル雇用者1人につき、月4万円を支給されます。